HOME>太陽光発電に補助金を活用>太陽光発電に補助金を活用

太陽光発電を始めるなら、補助金が使える今

地球温暖化問題や原子力発電の安全性への懸念から、近年では太陽光発電の持つ役割がクローズアップされています。自然エネルギーである太陽の光を利用して電力を生み出す方式は温室効果ガスを排出せず、原子力発電がはらむ諸々の課題とも無縁の安心安全な発電方法です。発電量は自然環境に大きく左右されますが、年間を通して全国的にもトップクラスの日照時間を持つ愛知県はこの方法に最も適した地域のひとつだと言えます。日本では補助金など国の積極的な取り組みもあって、この20年ほどで住宅用の太陽光発電の導入が飛躍的に伸び、同時に発電システムの価格は大幅に値下がりしました。しかし、国内の電力需要における太陽光を含む自然エネルギーによる発電の割合は欧州各国などと比べるとまだ低く、今後一層の進展の余地を残しています。家庭で太陽光発電システムを検討する際に、最も気になるのはやはり費用の問題です。いくら導入に必要な価格が下がったとはいえ、依然として高額な買い物であることに変わりはありません。それを助けてくれるのが太陽光発電補助金です。国の制度は2013年度をもってその役目を終えましたが、地方では現在も多くの自治体が補助金を設けています。愛知県内でも県や名古屋市をはじめとする各市町村にさまざまな制度があり、太陽光発電へのハードルを下げる役割を担っています。もっとも全体としては、地方自治体の補助金も徐々に縮小していく傾向にあるのが現状です。そのためもし導入を検討しているのなら、太陽光発電補助金が使える今だと言えるでしょう。

What’s New